高齢者の暮らしを便利に、いつまでも元気にいきいきと暮らせる社会を創る

高齢者向けタブレットを活用した認知症予防事業を展開しています

【新着情報】


全国67校導入!過去最高90名集客達成!

2019年】春開講教室様向け

 タブレット×認知症予防事業説明会

 

開催:11月11日 (日) 大阪【残り5席】

   11月18日 (日) 東京【残り3席】

時間:13:00~16:00

定員:各日15名先着

 

説明会の詳細は下記からご確認ください。

認知症予防事業説明会の詳細&お申込みはこちら 


「高齢者向け教室事業」をお考えの方へ


超高齢社会に求められる

タブレット×認知症予防教室事業

下記についてお考えの方におすすめします。


☑️シニアビジネスへの参入を検討している

☑️日中の空き時間を有効活用したい。

☑️今の事業に頭打ち感があり、次の一手を探している

☑️シニア向けパソコン教室に限界を感じている

☑️地域貢献ができるビジネスがしたい

☑️5年後、10年後今の事業だけで成り立つイメージが持てない


なぜ、認知症予防事業なのか?


超高齢社会の到来


3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上    

年齢区分別将来人口統計
年齢区分別将来人口統計

認知症800万人時代の到来


高齢者の5人に1人が認知症患者という日本の将来     

今や社会問題となり、官民挙げて対策に取り組むことが求められている「認知症予防」。

 

厚労相の発表によると、現在、65歳以上の高齢者の7人に1人が認知症と言われています。高齢者人口でも一番多いボリュームゾーンである「団塊の世代」が75歳以上となる2025年には、5人に1人が認知症という衝撃的な推計が出ています。

 

超高齢化社会を迎え、増えゆく認知症発症者に伴い、認知症対策は国家レベルの課題となっているのです。そして・・・


認知症対策は国家戦略に


認知症対策を国家戦略にすると表明。20151⽉に「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」が発表されました。従来の認知症ケア中心から、認知症予防にも力点が置かれる転換点となり、認知症予防は重要性が増しています。このような背景の中、75歳以上の高齢者が運転免許を更新する際は、認知機能検査が義務づけられるなど、国民意識の中にも認知症予防への関心が高まっています。    


厚労省が推進する認知症予防


認知症予防に必要な4つのこととして、「有酸素運動」「食生活」「知的活動」「社会的ネットワーク」が挙げられております。

 

上記4つののことが、認知症発症の抑制に関わっているという知見に基づき、運動プログラムと知的活動プログラムが提唱されています。そこで、高齢者向けパソコン教室事業を長年運営してきた経験を元に、従来の教室事業の経営資源やノウハウを生かしながら、新しい付加価値(健康増進)を生み出し、収益化と社会貢献を両実現することを目的として、当社が開発したものが、「脳×元気®」プログラムです。本プログラムを導入した講座は、タブレットを活用した認知症予防講座「いきいきクラス」として25都道府県、全国67校にまで拡がりを見せています。

「いきいきクラス」とは?


いきいきクラス授業風景
いきいきクラス授業風景
いきいき体操教室風景
いきいき体操教室風景

6人程度のグループワークで行われ、「暮らしを便利に、脳を元気に」をコンセプトに、高齢者のニーズがICT(パソコン・タブレット)の利活用を楽しく学習しながら(知的活動)、認知症予防に取り組む講座です。


毎回の授業の中で、ICTを実生活に応用できるスキルの習得、人とのコミュニケーション、認知症になる前に低下する脳の3つの認知機能である「エピソード記憶」「注意分割機能」「計画力」を鍛える知的活動を行います。これらの活動の習慣形成を通して、認知症になりにいく体づくりを目指していきます。

 

下記に当てはまる方は、導入をお勧めします。

  • 新規事業としてシニアビジネスへの参入を考えている
  • 日中の空き時間を利用して新規事業を始めたい
  • 今の事業に頭打ち感があり、次の一手を探している
  • シニア向けパソコン教室に限界を感じている
  • 売上が右肩下がりで、収益の柱を作りたい
  • 地域に貢献できる事業を探している
  • 5年後、今の事業だけで成り立つイメージが持てない

導入を検討されたい方へ


 

認知症予防事業の詳細について、ご説明する事業説明会を11月に開催いたします。

 

まずは、説明会へのご参加をお申し込みください。

 

説明会の詳細及び参加申し込みは下記よりご確認ください。

認知症予防事業説明会の詳細&お申込みはこちら