【認定校制度】

本事業では「認知症」というデリケートなテーマを扱います。

 

受講生が認知症になりにいくい体づくりのために必要な習慣形成ができるように、

講師には高いインストラクションやファシリテーションのスキルが求められます。

 

またオーナーは事業のマネジメントを行いながら、事業を永続的に成功させていかなければなりません。

 

そのためには、本事業に従事する者としてのプロ意識に加えて、運営マネジメントが必要です。

 

そこで、提供するサービスの質を高め、プロを要請する仕組みを構築するために、

本事業をライセンス契約を必要とする「認定校制度」を創設しております。

●認定校制度とは?

本事業では、フランチャイズチェーンではなく、ライセンスビジネスという形式をとっています。

この形式をとる根底に、認知症予防サービスは、教室における事業展開だけではなく、企業や自治体・高齢者施設・個人とさまざまな事業形態へのサービスの一環としても創意工夫を持って取り入れていただきたいと考えております。ライセンサーとして、導入いただく皆さまには教材・プログラム・ノウハウをライセンスとして提供いたします。それゆえ、ライセンスを付与した事業所を「認定校」として、認定し、共に認知度の向上や販売促進に邁進していきたいと思います。

●認定校のメリット・サポート体制

  • 本事業を行うためのライセンス使用権利の付与(ブランド、ノウハウ、カリキュラム、教材など)
  • 一定地域での商圏の付与 ※調査の上、判断いたします。
  • WEBサイトへの掲載、その他各メディアにて認定校として紹介
  • 開講運営マニュアル(100ページ超)
  • クラス運営を成功させるための開講後サポート(オンライン)
  • 各種研修・個別サポート(別途有償)
  • 情報交換交流サイト(SNS)や勉強会などを通した最新情報や成功事例の共有
  • エリアマネージャーとして、二次事業への展開(制度確立後)

●認定校になるために

これから認知症予防事業を始めたいとお考えの事業者様には、必ず成功していただきたいと願っています。

そのため認定校になるためには、当社が提供する開講研修の受講と認知症予防活動支援士の資格取得(認定機関:一般社団法人 元気人)を必須としており、研修を通して、確実な知識とノウハウを身につけていただき、新規教室開講コンサルティングを通して、着実に開講していただきます。

 

本事業にご関心いただきましたら、お問い合わせ、もしくは資料請求フォームよりご連絡ください。