「自分自身が頭を使って最大限に楽しむ。」は、まさに理想の認知症予防

40代から自転車をはじめ、40年近く続けてきた82歳の現役サイクリストである、西田勲さんのインタビュー記事がWebに掲載されています。

 

 

自転車で人生を豊かに 82歳の現役サイクリスト西田勲さん(Cyclist よみもの)

 

 

長年続けてきた自転車が、健康にも人生にもかなりのプラスをもたらしているとのこと。

 

「自分自身が頭を使って最大限に楽しむ。」という西田さんのセリフは、まさに理想の認知症予防です。

 

認知症予防は、生活習慣の改善の一言につきますので、長年取り組み続けられることが大事です。

 

その点、趣味を通した認知症予防活動は、楽しめることで長続きします。

 

またパソコンの場合は生活の利便性の向上、サイクリングの場合は身体機能の向上が副次的に見込めます。

 

趣味活動を通して、日常生活にもプラスをもたらしてくれる趣味でしたら、なおのこといいですね。